トップ > セランガンバツ材 > 床材・面材

セランガンバツ - 床材・面材

プロの人気 No.1 セランガンバツ(別名 バツ、バンキライ)は、インドネシア・マレーシアが原産地です。 セランガンバツのウッドフェンスは、価格と品質のバランス良く、コストパフォーマンスが最高です。

価格に関してもイペやウリンに比べて価格が安い、そして、ウッドフェンス施工が易しいがいいですね。 セランガンバツの丸太は豊富なので安定供給が出来ます。故、過去20年前の補修なども安心してメンテが出来るのです。

セランガンバツのフェンスの施工例

セランガンバツの特徴

  • 安定供給のため、将来、補修をする際に入手しやすい木材であるため、アク(樹液)の染みはほぼ無い。
  • 耐久性はイタウバ、ウリンやイペに比べ若干劣ります。 20年以上前からバツは使用されていますが、肌感覚でメンテナンスフリーで、20年前後の耐久性があると言われています。
  • セランガンバツは、公共物件や大規模工事など多数の実績を持っています。 セランガンバツが採用されている物件例:デックス東京ビーチ・東京トリトンスクエア・大阪空港など。
  • プロのお客様からの支持が高く、ハードウッドの中で最も高い流通量を持つ木材です。
  • セランガンバツの特徴として、針ほどの虫穴があります。腐りなど全く与える影響はありません
  • 木肌は多少のざらつき感があります。

セランガンバツフェンス材サイズ

フェンス材 20×90 20×105
フェンス柱 45×70 70×70 90×90
笠木材 30×105

床材・面材の商品一覧

全28件